コラム02 アフターアクションマーケティング

メーカー常勝パターンの終焉。

20世紀を凌駕したパワーマーケティングの時代、大メーカーは、売り場支配と情報支配の「常勝のパターン」を手にしました。
一定の商品力と圧倒的な営業力で、全国の売り場に自社商品を配荷して”待ち伏せ”の状態を作った上で、大量の広告を投下すると、商品は面白いようにハケてゆきました。

世紀をまたぎ、小売業が台頭しネットが浸透すると、この構造はあっけなく崩壊しました。
売場が取れない、広告が効かない、価格が守れない、新商品が育たない。メーカー受難の時代の到来です。

アフターアクションマーケティングの考え方

旧来からのマーケティングコミュニケーションは、AIDMAの理論を背景に、「買ってもらうために」「知らせる」テクニックを磨いて来ました。
つまり、Action(=購買)をゴールに据えた考え方ですから、ここでは「Before Action Marketing」と呼びます。

私達が大切と考えるアフターアクションマーケティング「After Action Marketing」では、このAction(=購買)の後の、今買ってくれた“その人”とのコミュニケーションを考えます。
買わせるためにではなく、真のファンになってもらうためにです。

「アフターアクションマーケティングのすすめ」

私たちが考える、これからのマーケティングの着眼点と、その実践の方法ヒントなどを、分りやすくまとめた書籍が13年10月23日に刊行されます。

クロスメディア・パブリッシング 1,480円(税込み1,554円)

amazonで購入する

目次

プロローグ

マーケ天狗の勘違い

第1章

マーケティングのゴールはどこか

間違った方程式を学んだ先輩たち

広告の時代を支えたAIDMA信仰

消えたマス広告費はどこへ行った?

第2章

広告が効かなくなった3つの訳

売り場支配の崩壊

ネットの浸透

差別化の臨界点

広告ノスタルジー

第3章

あれっ? 見たことないから買ってみよう!

買い物行動の変化

買い物の現場

NB/PBのしのぎ合い

メーカーはどこへ行く

第4章

「買い場起点」のマーケティング発想

マーケティングの真のゴール

千載一遇の出会い

アフターアクションマーケティングの考え方..

第5章

企業は人柄を見られている

ブランドの人柄

市場と向き合う姿勢

社会と向き合う姿勢

社会からの評価

第6章

アフターアクションマーケティングの実践

パッケージの媒体化

対話の方法と姿勢

オウンドストラクチャー

第7章

道具の進化と普遍性

進化したものと変わらないこと

新たな場の誕生

コミュニティ時代の情報伝達

エピローグ

コラム一覧に戻る

BACK TO TOP